月別アーカイブ: 2015年9月

海外では一般的になっているハイジニーナですが、日本では、恥ずかしいと言う文化からか、海外に比べ遅れているような気がしていましたが、最近では、日本でもハイジニーナが流行してきているようです。

ハイジニーナと聞いて、ピンとこないと言う人もいるかも知れませんが、ハイジニーナとは、下腹部、つまり、デリケートゾーンのムダ毛処理を行っている人を指し、つまり、デリケートゾーンのムダ毛処理を行っている人が増えてきていると言う事なのです。

ハイジニーナになる人の年齢層や意味はバラバラ。若い女性などは水着を着る事を考えハイジニーナになる人が多くなっていますが、そう少し年齢の高い人などでは、衛生面を考えハイジニーナになる人も増えてきているようです。

このように、様々な要素で増えてきているハイジニーナ。家庭での自己処理で行う人もいますが、最近では、お手頃価格で通う事ができるようになった脱毛サロンなどでも処理を行う人が増えてきているようです。

最近の脱毛サロンは料金面で心理的負担の少ないプランを採用している所が多く、以前のようにいきなり高額の契約金などが必要ないので、随分と通いやすくなっているのがポイントです。

基本的に脱毛サロンで行われる脱毛は、痛みが少ないと言われています。ほとんどの場合、痛みを感じない事も・・・。

脱毛サロンによっては、ジェルなどを塗る事によって、ほとんど痛みを感じる事はありません。しかし、そんな最近の脱毛サロンでも、VIOの脱毛だけは少し違って来るようです。

VIOの場合、非常にデリケートな場所の脱毛になってきます。その分、皮膚が薄かったり、刺激に弱かったりと言う事で、痛みを強く感じる人が多くなっています。

痛みの強さに関しては個人差があるものの泣きわめくほどの痛みと言う事ではなく、歯を食いしばるような痛みと言った感じや声が出てしまうほどの痛みと言った感じのようです。

どちらにせよ、我慢できない痛みと言うわけではなく、我慢は出来るものの他の部位に比べ痛みが強いと言った感じのようです。

脱毛サロンは痛みがなく脱毛する事ができると言う考えで脱毛サロンに通い始めた人にとっては、少なくとも驚きの痛さに感じる人も少なくはないようです。